Wiley-JAPAN
〒 112-0002
東京都文京区小石川1-28-1
小石川桜ビル4F
TEL : 03-3830-1221
FAX : 03-5689-7276
E-Mail : marketing@wiley.co.jp

ジャーナル購読に関するEメールでのお問い合わせ・ご注文専用窓口
(カスタマーサービス - 日本語・英語とも対応)
E-Mail : cs-japan@wiley.com
*シンガポールの祝日は休業いたします

その他の各部署の連絡先は下の「よくあるご質問」をご覧下さい

トピックス

New! 学会誌出版に関わる皆さまのためのWileyエグゼクティブセミナー2016
講演スライドを公開

Wileyは毎年、編集委員などの立場で学会誌出版に関わる皆さまを対象にエグゼクティブセミナーを開催しています。2016年のセミナーは、”Interpreting Open Science for Research Journals and Societies”, “Maintaining Quality in Peer Review”, “Researchers and Authors Interaction with Research Journals”の3部構成で、さまざまな立場から学術出版に関わる識者・専門家による講演と、参加者を交えての活発な討議が行われました。

このセミナーで各講演に使われたスライドを公開します。下のリンク先からダウンロードしてご覧下さい。

Wileyエグゼクティブセミナー2016
日時: 2016年7月31日(日曜日)
会場: 東京国際フォーラム

※各スライドの転載はお断りいたします。リンクはご自由に行っていただいて結構です。


演題 講師
Session 1: Interpreting Open Science for Research Journals and Societies
Facilitator 竹内 比呂也 千葉大学 副学長 附属図書館長 アカデミック・リンク・センター長
1. 第5期科学技術基本計画とオープンサイエンスについて 原山 優子:内閣府 総合科学技術・イノベーション会議 議員
2. 学術情報のオープン化の推進について 渡邊 和良:文部科学省研究振興局 学術基盤整備室長
3. JSTにおけるオープンサイエンスへの取り組み 小賀坂 康志:国立研究開発法人 科学技術振興機構 知識基盤情報部長
4. オープンサイエンスの先にあるもの 土屋 俊:独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構 教授
5. 国際研究者識別子ORCID の現在 宮入 暢子:Regional Director, Asia Pacific, ORCID
6. ORCID : Wiley’s Policy 佐々木 景子:Executive Editor, Wiley
Session 2: Maintaining Quality in Peer Review
Facilitator Mark Robertson APAC Publishing Director, Wiley
7. Peer Review: Current Perceptions and Issues Andy Robinson: Senior Vice President and Managing Director, Society Services, Wiley
8. Story of the Journal
(スライド非公開)
Patrick Leman: Professor, Dean of Education, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King’s College, London; Editor-in-Chief, British Journal of Developmental Psychology
9. Publons: Improving quality in peer review Daniel Johnston: Managing Director and Co-Founder, Publons
10. Journal Status of Agricultural Science Journals,
Primarily Grassland Science
Toshihiko Yamada: Vice Director, Field Science Center for Northern Biosphere, Hokkaido University; Editor-in-Chief, Grassland Science
Session 3: Researchers and Authors Interaction with Research Journals
Facilitator 林 和弘 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 上席研究官
11. 日本の研究者による電子ジャーナルの利用について:SCREAL 調査の結果から 佐藤 義則:東北学院大学 図書館長 文学部教授
12. 大学図書館における研究者の情報利用 市古 みどり:慶應義塾大学 日吉メディアセンター 事務長
13. 研究者によるSNS, SCN の活用 坂東 慶太:Coordinator for the Online Platform for Scientific Communication
14. データから見る日本の研究成果発信 岩崎 治郎 :Senior Marketing Manager, Wiley